千家十職奥村家(表具師)が 飛騨わらびのわらび糊を使って和紙や布を貼り付ける試作品を作られ始めました。