信頼と余裕を、国際政治に。

私は、アメリカ合衆国にもものを言うし、中国にも、韓国にも、英国にも言う。これが日本の国際政治、外交だ。中国を一番心配する。イデオロギーの違いによる国際政治における孤立化である。日本はアメリカと歩調を合わせつつも過去に侵略した反省に立ってアメリカより中国寄りの立場に立って欲しい。13億の民を食わしていかなければならない中国はイデオロギーの発展過程が諸国とは異なる。そこを理解しよう。アメリカ合衆国も理解してほしい。通り一辺倒の軍事バランスによる国際政治の安定化を避けるべきである。中国は緊張をたかめるだろう。共産主義、社会主義、改革開放政策から修正資本主義への道のりをつけてあげよう。私は、中国の懐の深さを信じている。日本が全世界に先駆けて先導しよう。アメリカ合衆国はイデオロギーの発展段階の中途段階である中国を見守ってほしい。中国は、13億への成長と分配を考えてイデオロギーを発展させてほしい。今の国際政治を丸ごと信じろとはいわないが敵対することなく、徐々に様子をみながら歩を進めて欲しい。

信頼と余裕を持って!英国は仲介をお願いします。