和牛!TPPに勝てる。 日本橋三越二幸

 

   和牛の脂を変えないと駄目だろう。消費者の立場からTPP,農業問題を考える考える。最近食べて美味しかった肉は、神戸牛、千屋牛、赤牛だ。いずれも試食後に脂が舌に残らない。美味しくない和牛は脂が舌に残る。ザラザラ感がある。この脂が胃もたれの原因だろう。これを変える。舌に残らないような脂にするのである。肥育方法はこだわらない。放牧肥育でも無理な肥育でもどちらでも構わない。とにかく脂を変える。この方策を考えることに集中しよぅ。きっと消費は上向き、輸出は伸び、TPPにも勝てるだろう。