文化輸出に投資信託の利用を

日本のきめ細やかなあらゆる文化を輸出したらどうだろうか。国の文化振興予算には限りがある 。これに民間の資金である投資信託を利用して輸出振興を図ろうというものである。 文化・カルチャーと一言でいうが実に幅広い。第一次産業などの生産に関わる文化では具体的には米、野菜、果物、魚などの美味しいものの輸出、技術に関わる文化では農林水産業の技術、職人の持つ技術、中小企業の技術や科学技術である。美術・工芸では日本の伝統的工芸品や優れたデザインの日用品である。旅もある。海外の人に日本のよさを見てもらおう。 。この他にも文芸や音楽があるだろうしAKB48もいい。 これらから有望な文化資産をりそな銀行にリストアップしてもらい 、投資信託にして売り出すのである。これらの文化資産にはお金が回る。老若男女、第一次産業から第6次産業まで少額かもしれないが幅広い層から投資が集められるであろう。投資からの社会的貢献という意味での社会参加になるであろうし、より文化振興になるという意味で真の日本文明に一歩近づくことになる。

杉山是清