日本橋三越フードコレクション 黄金比を求めて 中小機構連携

土、日の地下フードコレクション はお客様が沢山だった。四国を始めとする各地方の生鮮食料品、加工品の販売です。お客様は地方から来た店員さんにいろいろ質問され、お買い物を楽しまれていました。皆さん舌が肥えているのでお気に入りの品がきっと見つかったことでしょう。

今回の販売は通産省中小機構と三越の連携企画です。中小機構とは正式には独立行政法人中小企業基盤整備機構といい、その役目は読んで字のごとくです。地域資源活用、農商工連携、新連携など地方の物産を掘り起こし、都市との結びつきによって地方を活性化しようとするための施策です。今回は販売部門を日本橋三越が担当しました。いい企画です。都市に住む人は息が詰まっています。そういう人達に地方の個性的な物産を紹介し、食してもらい息を抜いてもらいましょう。都市の人と地方の人とも両得です。日本橋三越と中小機構にはその労をになってくもらいたいです。中小機構の取り組みをもっと周知し、販売部門を強化すべきでしょう。日本橋三越は地方フェアの広報にも力をいれています。文化振興の取り組みも熱心です。きっと成功するでしょう。

四国に1ヶ月旅しました。山村の生活文化調査です。九州山地から飛騨まで90日間原付の旅でした時寄りました。愛媛県の日吉村では1週間も農家にとめてもらいました。四国の方には大切にされました。 愛媛県内子町の森文の秘蔵醤油を頂きました。一口目に風味が強く広がります。濃いあじです。いろんな味がしました。二口目から厚みのある穏やかな味でした。ちょっとつければいいですね。助六のぬれいか天も試食ではまりました 。高知県本山町さめうらフーズのゆず香るぽん酢を香川のオリーブブリしゃぶのタレとしていただきました。酢が強くなく穏やかな味でした。後味がいいです。ゆずジュースを買いました。6倍希釈のものを4本も買ってしまいました 。蜂蜜の甘味が上品でマイルドです。フレッシュジュースなので皮が含まれてませんので苦味がありません。高知県黒潮町、土佐佐賀産直出荷組合のきびなご魚醤を頂きました。能登のいしりより濃い味でした。黒潮町産の天日塩の味わいがクリアなのが印象的でした。高知市興洋フリーズのウツボのタタキをいただきました。吉川水産では食べたこともなく味わい深かったです。肉のようです。ゆず香るぽん酢のタレとのコラボもよかったです。味がスッキリしました。徳島県吉野川市おいしい工房の鬼うますだちぽんずをいただきました。モズクにかけました。京都きたやま南山の京たんくろう和牛の若者と4日間議論しました。牛は日本短角牛と黒毛和種の交雑種で肉質も黒毛和種とは異なっていました。リブロースを頂きましたが脂分があり、短角牛の赤身だけの味わいではありませんでした。赤身も脂が乗っていました。ゴージャス感がありました。無理な肥育をすることなく、放牧中心でもこの結果です。成功しているのではないでしょうか。フィールド調査をしたことのある岩泉町安家の短角牛だそうです。安家の話しもしました。また、話しましょう。

経産省中小機構、自治省全国町村会、農水省、国土交通省、観光庁など地方の物産展は花盛りです。でも、もっと高めたい。地域振興に関わる各官公庁を始めて美術館、博物館、道の駅、NPO、民間が一同に会し代々木の青年会館に1週間ぐらい寝食を共にして考えをだしあったらいいだろう。ゆくゆくは明治期のように勧業博覧会のような文化勧業博覧会を後楽園で開くのはどうだろうか?遊園地もあるしドームもある 。上野公園でもいい。 地域振興のために!

杉山是清