日韓W杯開催地決定秘話

世界が注目した日韓W杯。日韓共催により過去のわだかまりを乗り越えるようにと世界の願いがこめられて開催された。 僕のwestern nameはJohnといいます。中学校の英語の先生が名付けてくれました。ブリティッシュカンシルの先生方は日本人にwestern nameがあるのかと質問してきましたがJapanese humourと答えました。ある日、授業の時、一枚の写真を見せられました。 「Who is he?」先生は尋ねました。ボビーチャールトンの写真でした。マンチェスターユナイテッド所属でイングランド代表チームのキャプテンです。高校生の頃、三菱ダイヤモンドサッカーを見ていたのですぐにわかりました。先生も「great!」とと叫び驚いていました。この時、W杯開催地は日本だと確信したのですが…サッカー発祥の地イングランド、ロンドンにはFIFAの本部があります。きっと決定の一助になったのではないでしょうか。ブリティッシュカンシルはそういうところです。「Johnがよくやった」とテレビで外人さんがいってました。僕のブリティッシュカンシルでの活躍のことでしょう。いろんなことが学校であり、英国も複雑な国であるけど腐っても鯛でした。国際感覚が磨かれました。いい先生が多かったです。 オリンピック開催地が決まろうとしています。世界が日本に期待することを理解し、アジア・近隣諸国とも相互理解を深め応援してもらおう。世界が期待する日本です。頑張ろう

杉山是清