汚染水問題にもっと議論を

宮城のカツオが売れない。福島の 汚染水問題が原因だろう。消費者は健康問題には敏感である。もう風評被害ではない。毎日のように魚を食べる者にとっては深刻である。救いは九州、瀬戸内の魚が安全性が確保されていることである 。ここで万が一、玄海原発事故があったらと想定するとゾッとする 。玄界灘の剣先いか、熊本の古代ハマグリ、豊後水道の関あじ、関さば、愛媛の養殖は、全滅であろう。食べられる魚は能登産ぐらいになってしまう。消費者はどうしたらいいのだろうか?漁業関係者はもっと深刻である。漁民だけでなくデパートでは魚が売れなくなるだろう。   動物蛋白の喪失である。国家の栄養源確保の点からいっても危ない橋を渡りすぎている。危うい。国家安全保証の問題でもある。  きめ細かな原発政策や再生可能エネルギーの早期導入のために沢山の予算を確保して欲しい。漁業資源確保も原発政策も国家安全保証問題である。もっと議論を

杉山是清