流氷の使者クリオネが紋別から日本橋三越吉川水産にやってきた。

気仙沼のカツオが美味しい。毎日食べています。たたきだったり生だったりカツオがこんなにも美味しいなんてしりませんでした。被災地の復興には海産物が欠かせません。カツオを沢山食べて被災地の復興を応援したいとおもいます。

クリオネをご存知ですか。日本橋三越吉川水産に北海道オホーツクの紋別から流氷の使者がやってきています。写真などで御覧になったことがありますよね。その実物が眼の前で見られます。羽根が生えており、泳ぐ天使のようです。 しかし、餌を食べる時の姿はエイリアンのようです。怖いんですよ。 紋別からは、カニも来ています。生を茹でたもので、カニの味が濃く夢中で食べました。美味しかった。また、食べたいです。

吉川水産では、時々、地方の海産物が長崎、紋別などのように地域ごとにまとめて販売されます。とてもいい試みです。産地が身じかにかんじられ、お客様と店員さんとの会話がはずみます。今日もクリオネの話題で賑やかでした。こういったところから特産品が生まれてくるでしょう。産地の紹介もして欲しいです。漁業と都心がデパートの魚売り場を介して結びつくといい。インターネットの窓口をやってもいいでしょう。 魚売り場にいるといろんなことをおもいつきます。

渋沢財閥の大蔵大臣渋沢敬三が作った日本常民文化研究所は、三陸海岸の気仙沼をはじめとする漁村の漁業資料を保管しています。今後、整理がすすめば、震災で失われたものもありますが、歴史は消されないでしょう。

漁業の未来を思う時、もっと魚を食べてもらえるよう都市と結びつき、デパートの魚売り場が中心になってアイデアをだしたらどうだろうか。物産展とコラボするのもいいだろうし、サカナくんにきてもらうのもいいでしょう。いろいろやってみましょう。

杉山是清