瀬戸内の魚が食べられる日本橋三越吉川水産

今、日本橋三越吉川水産では、瀬戸内の魚フェアをやっています。 鯛が美味い。真鯛と黒鯛は、脂がのり、味が濃い。これが本当の鯛の味なんだろう。 東京にいて瀬戸内の新鮮な魚が食べられるんですよ。香川県や愛媛県の漁港から送られてきた、真鯛、黒鯛、鰹、ハタ、サヨリ、スズキ、タコ、舌平目がならんでいます。鰹は、日帰り鰹といい、漁のあったその日に日帰りで港に戻ります。ですから新鮮です。食べると口の中が淡い鰹味が広がります。新鮮なものほど味わいが淡いです。ハタは、養殖です。しかし、天然の物より味が濃いです。新鮮なのに味わいが濃いということですがきっと餌がエビなどの甲殻類を食べているからでしょうか? 養殖のハタを売り込むにはどうしたらいいだろうか。味が濃いところがセールスポイントかもしれない。今度は鍋で食べてみたいですね。サヨリもスズキも味が濃いです。一口、口に運ぶとフアーと口じゅうに魚の味が広がります。タコは、今日ふた切れ食べました。まだ、良く味がわかりません。明日、足一本を食べてみます。瀬戸内フェアは、成功するでしょう。 瀬戸内周防大島の生まれで日本を一番歩いた民俗学者、宮本常一は、大蔵大臣渋沢敬三の弟子です。お訪ねした今西錦司さんによれば山を一番歩いたのはわしだが平野を一番歩いたのは宮本さんだよいわせしめたひとです。 宮本先生は、離島振興法や山村振興法の制定に尽力されました。沖縄、長崎、瀬戸内海、佐渡の島々の漁港、水産設備、フェリーの普及による漁業に力を尽くされました。 漁業は、守られています。だから、関係者が知恵を出しあって都会のひとに魚をもっとたべてもらいましょう。瀬戸内魚フェアを大々的にやり、デパ地下や7階の催事場がコラボしてもいいでしょうし、第一次産業全般を応援するのもいいでしょう。日本の生活文化の基幹である第一次産業が落ち着かないと国が落ち着きません。デパートの役割は大きいです。

杉山是清