Dear アメリカ合衆国 オバマ大統領様

 

  • 太平洋戦争では筆舌に尽くし難いご迷惑をおかけした。尊い命を落とされた方々のご冥福をお祈りいたします。そういう過去のわだかまりがあっても、占領下においてアメリカ合衆国は日本国、日本国民にやさしく接してくださった。でなければ、日本は朝鮮半島のように南北に2分されていたでしょう。ありがとうございました。戦後の日本の発展はこの基盤があってのことです。 戦後まだ70年近くしかたっていません。日本の過ちはまだ許されていないでしょう。世界が見つめています。今、集団的自衛権が問題になっています。しかし、日本国内には、靖国参拝問題、歴史認識、日中韓の不協和音、若者の右傾向化など一連の動きがあります。ここで集団的自衛権が認められれば、戦争に向かっていくという意味で一連の動きが加速化されていき、極端なナショナリズムの国になるでしょう。ですから集団的自衛権の議論はこれらの一連の動きが終息してからでも遅くはないのではないでしょうか?日本の国情をご理解の上ご検討ください