—喜ぶのは軍人だけです。—  中国・アメリカ・日本の皆さんへ

 パレードをすることで13億の人民の心はまとまりましたか?このまま軍事化の道を進むより国内の成長と分配に予算を使われるべきでしょう。

   でも、安部自民とアミテージアメリカによる積極的平和主義のもとでは中国の軍事化はいたしかたのないことだとおもいます。見てますとアメリカ、日本、の軍部に対するシビリアンコントロールが機能してるかが気に掛かります。軍部独走です。喜ぶのは軍人だけです。もっと議会や大統領が力を持つべきでしょう。オバマ大統領は日本と関係が深まると演説でいいますが、アメリカ軍部と関係が深まるのはまっぴらごめんです。オバマアメリカを信用しますが,アミテージアメリカを信用しません。高圧的で力でねじ伏せようとします。世界の警察の面影はありません。アミテージを見ればわかります。日本の警察には慈悲の心があります。アメリカの警察による黒人蔑視に見られる社会的風潮は、威圧的であるという意味において軍部にもみられるのではないでしょうか?もっと大統領が前面に出るべきでしょう。抑止力によらず平和外交でです。軍事力は最終手段です。

   朴大統領はよく行ってくれました。日本、北朝鮮との関係をみると好判断です。中国に寄り添ってあげてください。東アジアが中国のよき理解者でいてあげたい。

   中国の皆さん、G7の首脳の参加がなくて残念でした。軍事パレードより共同慰霊祭でしたね。一緒にやってもよかったですね。世界は軍縮に向かってますから。 南沙諸島の埋め立て地の周辺諸国との平和利用化を引き続きお願いします。領土問題に対し、また、軍縮に対し世界は賞賛するでしょう。これが世界的な非軍事化転換による世界平和の端緒になるでしょう。よろしくお願いします。

   中国の人口は日本の13倍、国土は26倍です。それなりの自衛力は必要でしょうし理解を持ってみてます。でもその自衛力が怖いというひとたちもいるのです。ですから、それを上回るシビリアンコントロールを中国だけでなくアメリカ、や日本も行い、民衆、文化の交流、外交、経済、社会、軍縮の協力を一層深めましょう。平和への芽を大切にしよう。

 

中国は仲間ですから!