COP21の習主席とオバマ大統領の固い握手を見て

 co2排出量1位と2位の中国とアメリカの兵力を気候変動による災害の救助部隊として、災害国に緊急派遣するというのはどうだろうか?開発途上国もco2削減に納得するだろう。相互扶助です。アメリカと中国が行動を共にし一緒になって救助するのである。見てみたい。信頼という世界平和の一体感が世界中に広まるだろう。ISも逃げだし、パレスチナ問題も解決の道がひらかれるか?。兵力派遣は国防費の有効利用にもなる。軍備、軍需産業の平和的活用である。今の時代、戦争に明け暮れることもないだろう。災害や貧困という文明の難問題に人類は心を砕くべきだ。戦争法案、南沙諸島問題、サイバーテロなどCOP21で協力体制が整い、信頼関係が醸成されれば自ずから解決して行くだろう。

真の愛国心とナショナリズムの根本は、自分の国を誇りに思う心である。戦争法案には誇りを持てないが、この先導役なら世界に誇れ世界のお手本になる。真の日本、の出番である。平和の芽を育てよう。

 

杉山是清  John