ニッセイ財団環境研究助成  研究により期待される成果 

1) 牧場の整備による植生から生み出される、生態系サービスであるわらび、野草、牧草は圃場の調査結果からワラビ粉、飛騨牛、ワラビ摘み、蜂蜜、薬草などを生み中世からの牧野の生態系機能回復による生態系サービスの回復が予想される。これは山村の生態史における文化復元を意味し、こうして眠れる牧野の生産性や文化的価値を輝かせ、山村の価値を向上させる。

 

2)わらび粉は20坪 、4kgの採取量であるから1ha3000坪  600kg  の採取量である。オバコ牧場の再生の結果、わらび根採取地を60haのうちの20haと想定し植生回復に10年間かかるとすれば毎年の採取面積は2haであり、採取わらび粉は1200kgとなる。飛騨のわらび粉の価格は3.5万円/kgであるから、年間3900万円の売り上げになる。採取期間は秋の30日間に限定されているので1日のわらび粉採取量は40kg、現在の10倍である。であるから計画が実施され本格稼働すれば30日にわたり40人/日の短期雇用が見込める。

将来的に、わらび粉生産に関してオバコ牧場のコモンズの再生が進めば一層の収入増と雇用増加が見込める。地産地消の六次産業化とあいまって第一次産業が振興するだろう。また、文化の掘り起こしによって確認された、わらび縄の製縄による収入は、文化財利用が正式に認められれば、オバコ牧場の再生が進むことによってわらび縄の製縄量も増え収益も増える。御所、二条城など神社仏閣庭園などの文化財保存も進む。かけがいのない国家の宝を増加させる。

 

3)本研究で生産されたわらび粉は、日本の名店で高級品として取り引きされており和菓子として多くの消費者に親しまれるだろう。高山市のあらたな価値を高めることになる。赤坂虎屋さんは、黒色のまがい物のわらび粉を使うわらび餅の生産を取りやめにしていた。現在「飛騨わらび」のわらび粉を使った新作のわらび餅を試作中である。、消費者の心をつかめる。日和田のわらび粉を使ったわらび餅は、世界的観光地高山市の日本文化を代表する銘菓になり、中世以来の牧場の生産物ということもあいまって高山の観光名物となろう。日和田の人の誇りとなろう。在来知である日本の伝統を受け継ぐ本当のわらび粉をコモンズの再生活性化によって生産し、日本の和菓子文化を取り戻す。

 

4)コモンズ再生、在来知の伝承、生態系サービスこれらから、 牧場再生とわらび粉生産、わらび餅、わらび縄製縄の一連の取り組みがコミュニティの維持醸成をもたらす。

牧場再生の共同作業、共同管理、わらび粉生産の共同作業、組合の設立の出資金と配当金、わらび餅制作の試行錯誤は、村内に広く行き渡り、今まで述べてきたようにコミュニティ醸成に役立つ。

わらび縄をなう会を設立し製縄技術の伝承知の継承を若い人を交えて行う。皇室関係の文化財の修復に使われるため村人の誇りとなる。

日和田内の村人が経営する蕎麦屋において、国産随一の混ぜ物のない純度100%の飛騨のわらび粉で作ったわらび餅を提供し、高根でしか食べられない銘菓とし集客を図り、依頼のあったフランスなどのフランス料理店に納品し、世界的に日本の伝統文化食品として売り出す。これによってわらび粉の生産拡大と雇用の拡大となり、日和田において6次産業化 が進み一連の取り組みは地域コミュニティ活性化の核となる。

 

5)学問と実業の世界との溝が埋まり文化の掘り起こしが進むだろう。

わらび粉もわらび縄も縄文期からの貴重な民俗技術の所産である。小さな消え行く民俗に光をあて実社会に投影することによってその価値を輝かせなければならない。民俗文化を掘り起こすことと、実社会に投影することの両者が必要になろう。民俗文化の掘り起こしは旧来の学問でいい。そこから目をつけた事象を学問と実業の世界を結ぶ実践の学問の対象にしなければならない。学問の成果にヒントがあるからここから展開する。電話もし、手紙を書き、サンプルを持ってお邪魔してお勧めするのである。営業である。学者が営業までやるのである。地域振興のために。学問の出番である。

 

6)こうした活動が、山村の取り組みに対して地域の人々は様々な関心をだき、社会が相互扶助による信頼により、その努力を手助けするようになり自立的な社会保障の萌芽を醸成し山村を救うだろう。これによって、文化生態系機能の回復をもたらし、荒れた山地の再活用のモデルとなり、山村振興研究所の広報活動を通して全国の疲弊する山村に普及し物心両面にわたる活性化のモデルとなる。この過程で各種の特産品を生み出す際に文化要素の掘り起こしが進み文化の価値が発掘され、日本の文化振興にもつながる。

 

以上のような地域ごとの小さな取り組みの積み重ねが、全国の人口減克服や山村の生産性向上につながるであろうこと、しいては日本の国土保全につながることを期待している。