全国の山村を支える日本橋三越二幸

日本橋三越二幸では日本中の和牛の肉が手に入る。肉が並んでいるのを見るとその背後にある全国の山村の人々の生活に思いが至る。

山村には牛飼養が欠かせない。貴重な現金収入源であり、田や畑の貴重な肥料になり、一家の精神的はしらである。農家にとって自分が作った肉が日本橋三越に並ぶのは誇りであろう。

だから、日本橋三越の役割は重要である。日本橋三越での消費が上向けば全国の山村の生活水準が上がる。農家は美味しい肉を作らないと日本橋三越の売り上げばかりでなく、日本の消費拡大に繋がらない。農家は美味しい牛を作り、お金を儲け、三越二幸は肉を沢山売る。日本の消費は拡大するだろう。私はそのための食味係りである。どこそこの牛は赤身がどうだとか脂がどうだとかいう。より良い肉をつくるため、消費を拡大させ、TPPを乗り切るためである。三越二幸も全国の農家と密に連絡をとりあい、高品質の肉をつくることに心を砕いて欲しい。そのためのシステムを作って欲しい。農家に愛情を持って接して欲しい。国土の70%が山間地である我が国にとって山村は国土保全に重要な役割を担っている。消費者共々、山村を励まし日本を支えていきたい。日本橋三越のお客様はそういう心意気を持ってます。

日本橋三越二幸には国を支えているという気概を持ってやって欲しい。

 

杉山是清  John