関東の鱧  日本橋三越吉川水産、京都佐近

吉川水産の鱧のあらのお吸い物が美味しい。一週間毎日いただいている。以前からなぜ関西の人が鱧、鱧いうのか重大関心事だった。「知を楽しむ。食を楽しむ。」MITSUKOSHI DAYSのキャッチフレーズの通りになっている。知的関心から関西人の味覚に迫ろうというのである。

今週、フードコレクションに京都左近の鱧弁当がきている。一週間毎日食べたことがある。蒸し鱧が美味しかったり、蒲焼が美味しかったりした。淡い酢飯が美味しい。今回は蒲焼が美味しい。関西の本場の鱧を味わっている。

鱧のアラから出汁をとるのに苦労している。水加減がようやくわかってきた。真鯛の出汁も美味しいが熊本の鱧の出汁の脂が口の周りに残り美味しかった。関西人が鱧、鱧いう理由がちょっとわかった。でも、まだ関西人に迫れているかわからない。

関東でも日本橋三越、京都左近と吉川水産を震源地として鱧が広がって行くだろう。文化の伝播として楽しみである。

 

杉山是清  John