安倍首相は真珠湾と南京に出向き、先の大戦の「侵略」を詫びよ。

中国は怒っている。無理もない。日本の最高責任者が先の大戦の中国侵略を侵略でないと言い放ったからだ。日本の象徴として恥ずかしい。

中国艦船の接続水域への侵入や中国軍機の威嚇行為は子細なもので軍事的脅威の増大には当たらない。よくそれで収まっているものだと思う。わたすぃであったら侵略を認めない国とは国交断絶である。中国を脅威として戦争法案を正当化しようなどとはもってのほかである。諸悪の根源は安倍首相の中国に対する侵略の歴史認識の過誤である。中国には迷惑をかけている。

夜の銀座では敵対するタクシーがお互いのどってぱらをめがけて大破を繰り返していた。中国の脅威は脅威などには当たらない。

NHKは喧伝するな。原因は安倍首相にあるのだから。安倍首相の歴史認識を世界に喧伝しろ!

 

杉山是清 John