国土産業計画 地方に産業を興す   - 社会の陰の解消  東北を新産業立地の拠点にする -

地方に産業を興す。その起点に、各地方の電力会社を自然エネルギーに転換させ、、そのことによって公共事業の雇用を創出し,電力源とし、ここを諸産業の基幹基地とする。原発は危ない。何かあったら取り返しがつかない。食べられる魚がなくなる。そんなことになれば国家的危機である。この基幹基地と連携させ、電力会社が立地する地方ごとに新産業 日本イノベーションセンター研究所を立地し、イノベーションセンターごとに国土の産業配分と地方の特色を鑑みた産業開発を行い、産業や新産業の立地を各地方に行い、地方に力をつける。農山漁村の第一次産業にも力がつく。人口も増えるだろうし陰の人々も減っていくだろう。

東京は、地方振興のための地方企業や農山漁村などを巻き込んだ、社会貢献や持続可能な社会作りを目指す産業や基幹産業に対する国際金融都市を目指す。

北海道 -

東北 - ここが一番弱い。陰である。ここから考える。 奥羽山脈と北上山地の中間地で平野であり水運の使える北上川流域にイノベーションセンターの拠点を構える。ここに研究学園都市を同時に作る。花巻、北上あたりはどうだろうか?釜石に近く奥羽山脈と北上山地と下北半島からも遠くない。各県ごとにイノベーションセンターのブランチをつくる。連携させて全国各地方においては山間地に各種実験場、各種試験場を設置し、相互連関を重視する。素粒子加速器 ILCを北上山地に設置する。関連産業を育てる。金属、化学関連企業が育っている。北上山地の樹林地に自然エネルギーの大規模発電所をつくる。基地にする。八幡平の地熱発電、津軽平野の風力発電など地方ごとに発電所を中心に新産業を興す。また、北上山地全域に有用樹の大規模植林をする。奥羽山脈はブナ林を保全する。

東北を新産業立地の拠点にする

東京 -

中部 -

北陸 -

関西 -

中国 -

四国 -

九州 -

沖縄 -