2019ニッセイ財団環境助成 わらび利用などの山の本物生産に取り組み、本物を都市に広めることにより山村の価値を高め、山村振興を図る研究    

研究目的

1 岐阜県高山市高根町日和田の人々が、御嶽山の高原に自生する天然のわらび使った日本で最高峰のわらび粉などの生産とその文化的生産技術の保持を図り、その残渣からなわれる伝統文化の保存に不可欠であるわらび縄の生産により、希少価値の文化であり高価値を都市に循環することにより、生計の維持と誇りを取り戻し、「文化の庭」計画をして文化に立脚した活力ある社会を造り出し、文化利用で生きていく町を作る

隔絶山村である高根町は人口減は平成20年510人から平成29年341人となり高齢化率55.4%の限界集落になっている。40歳未満男31人、女24人、所得が少なく土地が狭小である。この土地ではタカネコーン、1000mホウレンソウ、や火畑そばなどの高冷地野菜が作られているが日和田本来の基幹生産物であったわらび粉生産はすたれてしまった。このプロジェクトと協力しているNPO法人ワイ・アイ・ケーは高山市農業委員会と協定を結び農業ができ、荒廃農地対策として蕎麦を奨励し5ha耕作し蕎麦栽培、販売にも力を貸している。また、都市とのつながりなど岐阜市の柳ケ瀬商店街との連関を強めている。人口減と林産物の需要が減り、山の楽しみを見出す機会や山に入る機会が減り山離れは顕著になってきている。山利用の文化の基盤が失われていっている。私の研究の結果飛騨の山の価値を掘り起こしによりわらび粉とわらび縄が山の産物の中で最良のものだとわかった。地方にはそれぞれ、都市から求められる和紙(楮)、漆などの文化財利用などによる本物の山の特産物がある。しかし、飛騨では、わらび粉に見られるように山の本物の価値の林産物が都市から求められているにもかかわらず、これに応えることができていない。わらび粉作りを定常化させ、①軌道に乗りつつあるわらび粉、山菜、キノコ、野菜などを都市に供給する山の幸ビジネスも本物供給を本格化させなければならない。② わらび粉のまがい物が広く出回り、わらび粉文化が守られていない。本物が失われている。日和田地区のわらび粉生産の本物の文化を守らなければならない。③わらび粉のお干菓子作り開発の6次産業化が確定した。ため、高山市の銘菓にする。 ④わらび縄の供給が無くなってしまった。わらび縄の製縄術は日和田が日本最後の伝承地である。が、伝承者が1人になってしまった。保存会など保存継承の手段を探っている。

Ⅱ これらの山利用の文化を結晶化し展開させ紹介する拠点の施設がない。これらの問題に取り組むために「文化の庭」に各施設を作る。「文化の庭 」ここでいう文化は人間の営みという意味である。第一次産業から美術工芸までを含む。土の香りがする美などばかりだ。これらの施設は山村の文化事象である山村の人々の営みを集めた、民俗的価値や味覚、美の紹介をする山の文化価値の利用が広がる山村振興の拠点のお庭になる。地域シンクタンクである山村振興研究所をつくる。これらは日本各地にみられる問題であり日本の山村に地域間ネットワークを張り、さらに解決できない日本の山村問題に取り組み、施策を考えだす。文化の庭では日和田の人々から仕入れた山の幸を売り出したり調理して都市民に提供し山の本物の価値を実感してもらい都市からの経済・情報・物質の循環を導く。⑵縄文期からの日本の農耕の起源を示す貴重な民俗であり在来知のわらび粉生産の復活は、その貴重さゆえに飛騨における山の文化価値の上昇をもたらし、高価であるため高収益をもたらす現金収入源となり、山地を利用した第一次産業活性化による山村活性化の核にすることを目的とする。雇用者の年間収入の40万~50万円の増加と40人の短期新規雇用を目指す。わらび縄製縄者に対しては4000円前後の日当を支払う。

これらを支えるためわらび粉生産を拡大、安定化させるため林地の伐採によるわらび植生増加のためのオバコ牧場の再生が必要となる。これと平行して営業や通販によって飛騨のわらび粉の周知と販路の拡大をはかる。

Ⅲ コモンズである共有地ゆえの経営や管理の共同化は、村落共同体を強固なものにし、コミュニティを活性化させる。「飛騨わらび」などの生産する組合などを設立し、村内の3軒の企業や村民を株主化する。ワラビ粉販売等の利潤は、積み立てをし、牧場開発や水車小屋、堆肥、その他の共用や村落生活の発展に使う。牧野の管理は、牧柵作りや肥料撒、見回りなどの共同管理をするなどによって生産の共同性やコミュニティを強化する。

Ⅳ この調査研究の成果を生かし、若者が取り組める施策の研究活動や生産の動きなどの手助けをする山村振興研究所を設立したい。この研究所の生産的、社会的活動は、山村の地域社会に共有され、山村活性化の創出活動の拠点となるだろう。現在、各種取り組みのアイデア、実践の原動力となっている。

これらの物心両面にわたる活性化は、その効果により広く村落内に行き渡り村落社会を高揚化させて相互扶助に基づく自立的社会保障の萌芽を醸成させ山村の危機を救うことになるだろう。

研究計画

 

本計画は山村からの計画と、都市からの計画と分けて記載する

Ⅰ.山村からの循環                                        1① 産業化の進展  わらび粉生産は年間生産を50kgに安定化させ、品質の向上と一定化をはかる。100kgの生産を目指す。    ②日和田のわらび粉、飛騨牛、火畑そば1000mほうれん草、タカネコーン及び山菜などはどれも美味く人気が高い。山村の産物には文化的伝統の点と旨味の点で平地にはない利点がある。この山の利点を最大限に生かし価値を高めるために都市に売り込む。現在、これを山の幸ビジネスとして東京の高級店に販売している。高級店はこの利点が理解でき、代価を払える。こういう店を回り営業を行なっている。わらび粉を復活させたことを「よく貴重なものを復活させてくれた」と感謝され、日和田の取り組みを励ましてくださり、山菜やきのこや野菜も信用してくださる。山の価値が高まりブランディングが成功している。現在、8店の東京の名店(和菓子屋 赤坂虎屋、一幸庵)(  日本食店   ミシュラン2〜3星 銀座一期、銀座小十、神楽坂石かわ、京都飯田など)からご用命を賜っているが15店に増やす。③わらび粉を使った6次産業化が確定したため、お干菓子開発を軌道に乗せる。現在、試作品を作り、味や、デザインを決め、パッケージデザインも行なっている。販売は国際観光都市である高山市から発信して高山市の銘菓として高山市の価値を高める。日和田には冬の仕事がないのでお干菓子作りを冬場の仕事とする。④わらび縄を綯う会の設立    わらび粉生産の残渣であるわらびの繊維を希少民俗であるわらび縄に綯う技術を伝承するために研究会を作る。技術伝承している女性を中心に若者を交えて5~6人の参加希望者を募る。修学院離宮に納める。冬の仕事とする。

Ⅱ.都市からの循環   拠点となる「文化の庭」の施設

  1. ①山村振興研究所(既存施設利用)は、地域に密着した問題を解決する地域シンクタンクである。若者に山に戻って来て欲しい。若者に自由闊達に自分達の未来を切り拓いていってもらい、その手助けをする。そのための施策を考える研究所である。林業、農業、畜産業、土建業などが混じりあって新しい産業を起こし、6次産業や流通・金融・デザインの情報や伝統的な山村文化からの知識を含めて研究所に集積する。情報は日本中の山村に発信し参考にしてもらい、若者と共に歩んで行きたい。②わらび粉や山村生活文化の全国調査のためにメンバーである左合辰旭(内閣府『地域社会雇用創造事業(社会的企業支援基金)』・独立行政法人 国立青少年教育振興機構『子どもゆめ基金』獲得)を100日間日本の山村調査旅に出す予定である。飛騨から鹿児島までの山村の100日にわたる生活文化調査である。飛騨以外に全国にあった中央高地、紀伊山地、中国山地、四国山地、九州山地のわらび粉の産地をめぐり車中泊を主にして篤農家やNPO法人、企業を訪ね視察調査を行いレポートにまとめる。山村の実態や林業、農業、牧畜の仕事を学び山村生活を血肉化する。古老からの聞き取りを行う。若者のリーダー候補である。 ③地産地消レストラン(レスト長峰、既存施設利用)  日和田の産物は美味い。山の幸である山菜、きのこ、イワナを使い、飛騨牛や火畑そば、わらび餅を加え山の美味いものを料理して提供する。観光客を呼び込む。自動車利用の長野、愛知、名古屋などの中部地方のお客様と世界的観光都市高山市と木祖福島に来たインバウンドや国内のお客様を低公害路線バスで往復させる。④ギャラリー 神棚など高根の工芸品をレスト長峰内に展示する。
  2. 以下は準備段階である。⑤民俗ジオ博物館(既存施設利用、準備)は山利用文化を人間の立場から生活文化の実態に即した日和田の民具、自然史の立場から御嶽山と乗鞍岳に囲まれた自然やわらび、飛騨牛などの動植物、火山噴火や御嶽石などの地学の展示を行う。⑥野外美術館(準備)は美術工芸文化のための飛騨産材料である木材や石による野外彫刻をギャラリーや屋外のお庭に展示する ⑦お庭 (計画段階)  景色がいいからお庭にする。見晴らし台の山に植栽をし山をつくる。御嶽の石を並べ遊歩道を整備して山のお庭を楽しむ。山桜を植える。

Ⅲ 情報発信NHK.BS「日本の里山」に四季のわらび粉生産活動「ワラビ育む日本の里山」が3月25日放映された。

 

 

研究の準備状況

 

研究の準備段階は8年目である。調査論文にも5年間を費やしているので今回のプロジェクト研究の準備には13年間を費やしている。研究論文は1990年度   第4回 日本民具学会研究奨励賞受賞「ワラビの地下茎採取活動」(『民具マンスリー』第22巻7・8・9号、1989所収)にまとめた。現在、現地のNPO法人に加わり、実践研究のための基礎調査に5年を費やし、副理事、ワラビ粉生産部長として生産に従事している。村人を3人短期雇用し、NPO法人の事業の一環としておこなっている。このことは、『民具マンスリー』「実践民俗学 ー民俗文化復活の現代的意味ー」48巻5号に詳しい

 

準備段階の3年間は放牧地において小規模の採取しか認められず、荒廃農地にわらびの人工栽培を試みた。人工栽培がうまく繁殖せず、わらび植生確保のため放牧地の採取許可をお願いした。その後4年目、5年目の実施段階において、本格稼働にはまだまだであるが、採取が2年目に入り、4年目に10キロ、5年目に35キロを6年目に50kg生産している。東京や京都の和菓子店に営業に行き、販売の実績は東京虎屋、小石川一幸庵、京都蕭月の3軒に納入を決めた。また、本格稼働になるためにはさらなる販路の拡大の準備をしている

 

また、わらび粉を生産する段階で残る繊維から作れるわらび縄が日和田のわらび縄として宮内庁の御用を賜わろうとしている。サンプルを納品し京都の業者と価格設定を行なっている。

そのために、わらび植生の不足が課題になっている。この解消のため隣接の共有牧野のオバコ牧場の有効利用によりわらび植生の確保をはかろうとしている。現在、水源涵養りんであるため解除の方策を探っている。

NPO法人Y.I.Kからは理事長及び理事がチームのメンバーに加わり高山市からの全面的支援を受けている。

山の価値の認識は、下記の課題解決の戦略によって深まり広げられる。わらび粉はわらび粉の製品の質の安定化が求められる。自然のものなので天候の影響をまともに受けてしまう。採取地の分散などをはかり対処する。現在2週間に採取期間が区切られているため50kgの生産をしており。採取期間を倍にして100kgの産出を目指したい。または、採取グループをもう一組みつくることも検討している。新施設計画も行っている。山の本物である

山村振興研究所の試作によりわらび粉を使ったお干菓子開発の6次産業化が確定した。高山市の銘菓にする。わらび縄は日本で最後の伝承者を中心に町内の女性や若者を集め冬場にわらび縄を綯う会を作りこれを復活させ、文化財を守り、町の誇りを高め用としている。わらび縄は古くは御所、二条城、修学院離宮の垣縄に利用されていた。皇室財産、文化財保存の立場からこれを復活させたい。冬場の仕事がないのでお干菓子づくりとともに冬場の仕事とする。修学院離宮が有力候補に上っている。山の本物を作る

地域密着の問題解決のアイデアを生み出す源泉を「文化の庭」内の山村振興研究所に求める。この研究所を中心に日和田地区の問題解決事例をwebにより発信し、全国の山村や研究者に各種取り組みを発信する。現在、東京の文化国家日本研究所内の山村振興研究所でweb論文発表やわらび粉や山の幸ビジネスを行っているがこれを現地で陣頭指揮を執って「文化の庭」活動の実践の中心的役割を果たす。既存施設の利用なので費用がわずかで済む。若者を100日間の旅にる出し日本の山村調査をおこなう。

「文化の庭」は拠点となり、飛騨の文化を紹介して都市の人々を呼び込んで都市から山村、山村から都市への経済循環、物質循環などを活性化させ、経済と物質を包含する文化循環による経済社会上昇をもたらし日和田地区にユートピアを作る。これらの取り組みをweb発信する。

 

 

研究により期待される成果

 

  1. 1)山の本物の価値が認められ社会に広まり山村の見直しが進み、山村振興が進むだろう。野生のわらびを使った天然わらび粉は日和田だけである。一層の品質の向上と安定化を図る。本物の生産の文化の保持に努める。天候不順の影響を極力排除するため採取地を分散させる。野生のわらびを使った天然わらび粉は昨年は50㎏を生産し、一昨年は30kgの生産であった。わらび粉生産文化の向上をはかり、中長期の課題としては100kg~300kgの生産量を目指す。有名和菓子店や名料理店からの引き合いに応える。地元の価値を高めるため町民の蕎麦屋でわらび粉を使った本物のわらび餅の販売を定常化する。また、6次産業化の施策確定によりお干菓子の開発を進め販売し、高山市の銘菓とする。村人の所得を年間10~20万円(一人当たり)増収を図る。山の幸プロジェクトは、昨年、山菜、きのこ、野菜及び葉っぱを20万円で売り上げた。山の本物である。来年の売り上げは倍増の40万円を目指す。わらび縄は、わらび縄の原材料は揃うのでわらび縄を綯う会にメンバーとして若者を入れて5人ほど集め縄を400m 作りたい。皇族方とお話しして宮内庁への納品のお話しを進め、国宝、皇室財産、文化財利用にこぎつけたい。「文化の庭」では山村振興研究所を季節稼働させる。レスト長峰は人員確保の準備が整い次第営業を始める。銀座小十の奥田透さんを監修に予定している。
  2. 2)文化国家日本研究所と高根町日和田のNPO法人ワイ・アイ・ケーが主体となる。実施体制は、飛騨わらびと山村振興研究所がワイ・アイ・ケーの支援を受けて行う。高山市と連携を取る。飛騨わらびがわらび粉生産とわらび縄生産、山の幸ビジネスの事業主体となり、NPO法人ワイ・アイ・ケーをサポートする。
  3. 今後、林地を伐採し、中世からの1000年の歴史ある草原に展開される生態学的に結びついた産物である、わらび粉、飛騨牛飼養、蕎麦、山菜、薬草、日本蜜蜂の蜂蜜や、わらび縄染色に使うゴバイシ、ヤシャブシなどの染色用有用樹植林などに及んだ山の本物である林野一体化利用によった、地域振興策を図る。収益の一部は山村振興研究所の運営資金に使われ山村間のネットワークを作りや全国の山村の問題解決を目指す。また、基金としてプールされ日和田の生活・生産の諸側面で利用される。詳細は、助成終了後はわらび粉、わらび縄、山の幸ビジネス、「文化の庭」(レスト長峰)の収益を財源として内部留保を高める。

 

3)本研究で伝承知により生産された天然わらび粉は、日本の名店で高級品として取り引きされており和菓子として多くの消費者に親しまれるだろう。高山市のあらたな価値を高めることになる。赤坂虎屋は、飛騨のわらび粉が手に入らず、黒色のまがい物のわらび粉を使うわらび餅の生産を取りやめにしている。本物が求められている。日本各地の和菓子屋さんに売り込みができ、消費者の心をつかめる。日和田のわらび粉を使ったわらび餅は、世界的観光地高山市の日本文化を代表する銘菓になり、中世以来の牧場の生産物ということもあいまって高山の観光名物となろう。日和田の人の誇りとなろう。在来知である日本の伝統を受け継ぐ本当のわらび粉をコモンズの再生活性化によって生産し、日本の和菓子文化を取り戻す。

 

4)コモンズ再生、在来知の伝承、生態系サービスこれらから、 牧場再生とわらび粉生産、わらび餅、わらび縄製縄の一連の取り組みがコミュニティの維持醸成をもたらす。

牧場再生の共同作業、共同管理、わらび粉生産の共同作業、組合の設立の出資金と配当金、わらび餅制作の試行錯誤は、村内に広く行き渡り、今まで述べてきたようにコミュニティ醸成に役立つ。日和田のコミュニテイ醸成は各種事業による町人のつながりが深まりコミュニテイの力が強まる。わらび縄ない、わらび籠などの工芸品製作は女性の仕事として婦人部の女性の力が強まる。そうすれば若い女性も集まってくるだろう

 

5)わらび縄をなう会を設立し製縄技術の伝承知の継承を若い人を交えて行う。皇室関係の文化財の修復に使われるため村人の誇りとなる。日和田内の村人が経営する蕎麦屋において、国産随一の天然の飛騨のわらび粉で作ったわらび餅を提供し、高根でしか食べられない銘菓とし集客を図り、依頼のあったフランスなどのフランス料理店に納品し、世界的に日本の伝統文化食品として売り出す。これによってわらび粉の生産拡大と雇用の拡大となり、日和田において6次産業化 が進み一連の取り組みは地域コミュニティ活性化の核となる。

 

6)こうした活動が、山村の取り組みに対して地域の人々は様々な関心をだき、社会が相互扶助による信頼により、その努力を手助けするようになり自立的な社会保障の萌芽を醸成し山村を救うだろう。これによって、文化生態系機能の回復をもたらし、荒れた山地の再活用のモデルとなり、山村振興研究所の広報活動を通して全国の疲弊する山村に普及し物心両面にわたる活性化のモデルとなる、、日本の文化振興にもつながる。

 

7)山村の荒廃は文明の危機である。歴史上山が都市を支えてきた。日本の国土の70%は山地である。山が見捨てられつつあり、その背景には都市集中により、山村と都市による山利用が進まず。その復活は、文化や科学の探究から生み出される山の本物の価値を掘り出し都市に広く普及させることであり、わらびの価値の発見はその生命力と農耕の起源の植物という山の本物の文化的価値を高め都市と山村の両者を結びつける契機となり得ている。このような事例が発見されるには山に対する各分野の学問を深め山利用の文化を広げその基盤を整備する必要がある。山において本物の価値の追求は山村と都市の社会的責任である。このままでは山村が見捨てられ都市も惑う。文化や技術の追求が山村の新しい価値を生み山村ー都市循環の活性化が文明を育てるという観点に立ち山村振興という文明の難題を解決する。

 

 

ノーベル平和賞ノミネート人類学者

杉山是清