日和田高原開発 ー桃源郷を作るー

 

水源林解除と日和田高原開発

    おばこ牧場から日和田にかけては雑木になってしまい水源林に指定されている。これを解除し日和田共有地という財産を有効活用する。春のわらび堀、山菜摘み、夏の放牧、ハイキング、秋のわらび堀、冬の林間スキーコース、わらび粉加工として一年中利用できる。日和田高原開発である。

    そのためには水源林の指定の解除が必要である、県事務所によれば住民の総意と解除後の綿密な計画が必要だそうだ。四季折々のおばこ牧場と日和田高原の利用を綿密に計画する必要がある。今、各種補助金、交付金、助成金申請で知恵を絞っている。これらの書類が綿密な計画に使える。費用負担、財政、土地収益力も計算している。これを綿密な計画として提出する。経済的基盤も押さえる。土地利用も押さえる。生物多様性も押さえる。日和田の人の生活水準向上も試算する。これだけやれば綿密な計画として認められるだろう。

    日和田の人はこれらを理解して一致団結して住民の総意を作りあげよう

 

文化国家日本研究所・山村振興研究所

菊の杉山是清