渋沢栄一が関与した会社の悪業は私がみる。世界がみてる。