飛騨わらび

天然わらび粉のご案内です。黒くなく飴色の餅になります。飛騨御嶽山の高原に自生する野生のわらび根から採ります、伝統的な生産の文化(採取、加工,,繁殖)方法によって生みだされる「飛騨わらび」は最高峰の品質を誇ります。江戸時代以前からの伝統を引き継ぐ。わらび根掘りは日本の農耕の起源であろう。それ程古い。縄文時代からの日本人とわらび粉との付き合いを受け継ぐ野趣溢れるわらび粉を上質な和菓子としてどうぞご堪能ください。 作られたわらび粉は、村人の応援の賜物であり、村落家庭生活に還元され、地域活性化の一助となります
自生するわらびの天然わらび粉です。本物の餅は飴色です。生産の文化(技法や工程、繁殖)方法も保持しています。「畑で栽培された」黒色のわらび餅とは違います。 

飛騨御嶽山の標高1500mの高原に広がる採取地のオバコ牧場は木曽義仲の中世から受け継がれている牧場で1000年の歴史があります。地元の岐阜県高山市高根町日和田は過疎化に悩みながらも前向きに故郷再生を実践している村です。

その味は口に含むとフワッと溶けます。本物の証しです。餅にすると飴色に変色し、強力な粘りがでます。切ることができません。笑ってしまいます。赤坂虎屋さんも関心を示されています。

どうぞ、おすそ分けします。村人共々作り上げた入魂のわらび粉です。真心こもった貴重な本物の味をご賞味ください。

わらび根の文化事象は 縄文農耕、農耕の起源、宮内庁御用、国宝修理、文化財、茶道、和菓子、和食、フレンチ、版画に及び、まさに文化であり、文化の深淵に臨んでいます。文化を担う一員になれた実感があります。

論文
・実践民俗学 1 – 民俗文化復活の現在的意味 –
・実践民俗学 3 山村振興の計画書—山村という新たな価値—
・実践民俗学4 桃源郷をつくる。-山村振興ネットワークを作ろうー
・実践民俗学5 山村と都市の脆弱性を救う生物多様性
・実践民俗学6 生物多様性から見た山村振興

◉ わらび縄のご用命 ◉ わらび粉のご用命 ◉ わらび糊のご用命

国立民族学博物館展示[杉山是清撮影]

◉ わらび粉(シロバナ)・・・・価格:4万円/kg
◉ 飛騨わらび・・・・価格:4000円/内容量:100g
最高峰のわらび粉です。Amazonでも販売しています。

hidawarabi-100g

お問い合わせ先 TEL:03-6228-6848
104-0031 東京都中央区京橋1-6-14 ギャラリーモーツァルト内 飛騨わらび

 

山村振興研究所  山村の本物の価値

目的

 

日本の山間地の縮図である日和田が危機である。なんとかしなければ!でも日和田は恵まれている。企業はあるし共有地もある。日和田をなんとかできなければ日本の山村は滅び国土に災いが襲う。日和田よ立ち上がれ!そういう危機意識である。

研究の結果、策として貴重な民俗であり現金収入源である天然のわらび粉の復活と日本最後である希少なわらび縄の継承を選んだ。天然わらび粉は飛騨日和田特産であり、わらび縄は日和田が日本唯一であり皇室財産に使われるだろう。

都市とのかかわりの中で特産品を見出すために東京で営業に力を入れている

山の本物は東京で求められている。日和田の、「天然」、「希少性」、「美しさ」どれも本物である。日和田にはこれらがある。本物を求めてこれらを大切に生かしていこう。

日和田の人達による講習会におけるわらび縄製縄や美しい工芸品製作は、希少価値であり美であり、貴重な文化財であるわらび縄製縄術の継承に繋がり、皇室財産に使われるに至っては日和田の人達の誇りとなり、講習会の団欒はコミュニティが醸成され現金収入もあいまって日和田に活気をもたらすだろう。工芸にも目が向けられ飛騨の匠の本領が発揮され、村づくりのもう一本の柱になるだろう。

本物を目指そう!!!!     ならば山は生き残れる。

 

 

 

❶工芸品講習会

 

助成を希望する継承活動

1.継承する技術

どんな特徴、希少性

わらびの地下茎内の繊維は日本の古来からの植物繊維であり、縄としてなわれ、水に強く、軽くて丈夫なため廻船の錨づなや帆綱、桂離宮や修学院離宮や御所などの竹垣の垣縄に利用されていた。棕櫚縄以前の縄である。現在では殆ど見られず日和田が日本で最後の製縄術の伝承地になっている。

 

2.現在の継承活動の実施状況

現在、澱粉加工の残渣である繊維(スジ)を蓄えている。毎年、1.7トンの地下茎からわらび縄420m分のスジが取れ、2018年に取れたわらび縄420m分のスジを蓄えている。このスジを縄と工芸品に使う。講習会1回にどれだけのスジが必要であるか未定である。わらび縄講習会で使われた余りのスジを工芸品講習会で使う。分配は、初年度なのではっきりした計画が立たない。

 

3.助成を必要とする財政上の事情

明治安田生命クオリティオブライフ文化財団より39万円の助成金を得た。このうち初年度は3回分の講習会費に講師謝礼など10万円を助成金から支出する。講師料は1日(3時間〜4時間)1回3万円である。初年度以降は会費制にし、1人2000円を徴収する予定である。生徒さんを15名以上集め、日和田、高根はもとより高山市全域から生徒さんを集める。集まらなかった場合補助をお願いします。

 

4.後継者の育成計画

高山市街地から若い女性を呼び、日和田の男子に紹介する。

 

5.今後の継承に向けた活動計画

日和田でしか取れない日本の希少価値であり、侘び寂びの美を感じるスジ製品を売り込む。価値を築き増し、高価な価値を広める方途を考える、そのためにプロのバスケッタリの作家である、佃眞弓さん(55歳、清見在住)を招き技術指導をしていただき、佃さんの作品をフューチャーして、佃さんの作品から高山ブランド飛騨の匠で売り込む。現在、東京銀座ACギャラリーから佃さんの籠の出展依頼がある。華道の小原流にスジの価値と作品を説明した。関心を示された。連絡を待っている段階である。どこも一流だ。今後この流れを強める。

地元民の作品は、希少価値なのでコースターなどにして高く売りたい。高山遊朴館や高山の名店、東京京橋ギャラリーモーツァルトなど価値の高いところで売る。デザイン、品質に関わるアドバイスを各方面に求め決めている。収益を確保し、村人に分配し山村振興を深める。

 

 

 

活動のための収支計画

1年目 3回の講習会(助成金でまかなう)

支出の部                 収入の部

項目 金額 1回分

講師謝礼 3万円(助成 )            ナシ

スジ材料費5千円(助成)

運転手謝礼3千円(助成)

支出合計 収入合計

3万8千円

 

 

活動のための収支計画

2年目以降 助成金利用なし

支出の部                       収入の部

講師謝礼3万円                   会費2千円×19人

運転手謝礼3千円

材料費 5千円

支出合計 3万8千円                 収入合計3万8千円

 

 

 

 

 

 

❷わらび縄(スジ縄)講習会

 

1.継承する技術

どんな特徴、希少性

日本の古来からの植物繊維であり、縄としてなわれ、水に強く、軽くて丈夫なため廻船の錨づなや帆綱、桂離宮や修学院離宮や御所などの竹垣の垣縄に利用されていた。棕櫚縄以前の縄である。現在では殆ど見られず日和田が日本で最後の製縄術の伝承地になっている。

 

2.現在の継承活動の実施状況

現在、澱粉加工の残渣である地下茎に含まれる繊維(スジ)を蓄えている。毎年、1.7トンの地下茎からわらび縄420m分のスジが取れ、2018年に取れたわらび縄420m分のスジを蓄えている。講習会1回にどれだけのスジが必要であるか未定である。わらび縄講習会で使われた余りのスジを工芸品講習会で使う。分配は、初年度なのではっきりした計画が立たない。

 

3.助成を必要とする財政上の事情

明治安田生命クオリティオブライフ文化財団より39万円の助成金を得た。わらび縄製縄の講師料は1日(2時間)1回1.5万円である。

 

4.後継者の育成計画

高山市街地から若い女性を呼び、日和田の男子に紹介する。

 

5今後の継承に向けた活動計画

日本で最後のわらび縄製縄術の伝承者である日和田のNさんを中心に

日和田の人達を集めて伝承のための講習会を行う。講師料は半日1万5千円である。作業は、下ごしらえとない方に分けられる。下ごしらえはBさんにお願いする。スジ縄一本あたら1500円の手間賃である。ない方は一本6mあたり2500円の手間賃である。出来の良し悪しはFさんにチェックしてもらい、

合格したものだけを買い上げる。

授業料は無料です。

スジ縄は年間60本の生産を目標とする。残りの10本分は工芸品にまわす。皆んなで分け合っていきたい。技術保持のため参加資格は日和田在住者か親族に限り、もしくは会が推薦したもの。

スジ縄の安定生産が可能になれば、造園家や業者を通して販売を行う。桂離宮で最近まで使われていたていわれ、S氏にお話しを伺い紹介していただくつもりである

。業者に直接行くより信頼できる学識経験者を通しその後で業者に出向く。業者としてA社が候補に挙がっている。

将来、皇室財産利用、文化財利用が進めばわらび根掘りは盛んになり、日和田は豊かになり人々の誇りとなる。

 

 

活動のための収支計画

支出の部                 収入の部

項目 金額                項目 金額

講師謝礼 1.5万円           スジ縄販売 7500×60

(半日) 支出合計             収入合計

1万5千円                   45万円

万円

 

 

販売価格7500(染め代抜き)を希望。もっと高く売りたい。まだ、業者と話し合いに入っていないので卸し価格が決まっていない状態である。

 

スジ縄 内訳

卸し価格 1本あたり

7500 =2500+   1500 +   1000    +500 +(2000)        +2000

(9500) ない賃  下ごしらえ  材料費   教授料  染め        山村振興研究所経費

 

 

 

 

 

 

NHK総合にデビューです。!!!   日本の里山 「わらび育む山の牧場」が 4月5日(金)午前3時50分~4時までです。   録画してください!

NHK総合にデビューです。!!!   日本の里山「わらび育む山の牧場」が4月5日(金)午前3時50分~4時までです。   録画してください!

杉山是清はノーベル平和賞にノミネートされました。

一般社団法人文化国家日本研究所は、ノーベル委員会よりノーベル平和賞ノミネート推薦団体に指定されました。当研究所の推薦があればノーベル平和賞にノミネートされます

 

一般社団法人文化国家日本研究所は、ノーベル委員会よりノーベル平和賞ノミネート推薦団体に指定されました。当研究所の推薦があればノーベル平和賞にノミネートされます

 

杉山是清

日和田のわらび粉とわらび縄制作に助成金が出ました。 明治安田生命クオリティオブライフ文化財団、地域の伝統文化分野への助成が決定しました。 皆さんのご協力の賜物です。これからも頑張ります。 よろしくお願いします。

 

日和田のわらび粉とわらび縄制作に助成金が出ました。     明治安田生命クオリティオブライフ文化財団、地域の伝統文化分野への助成が決定しました。  皆さんのご協力の賜物です。これからも頑張ります。  よろしくお願いします。

 

杉山是清

 

お待ちかね!!!    「飛騨わらび」が監督するわらび根堀の映像が放映されます

番組の放送日が決まりました。

 

NHK BSプレミアム 

2019 325日(月)午前 07:00-07:10

 

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅

「ワラビ育む山の牧場 岐阜県高山市」

 

番組HP http://www4.nhk.or.jp/satoyama/

生態人類学者 杉山是清が縄文時代の2大謎を解いた 縄文農耕と火焔型土器 !  ーわらび利用文化解明から山村の価値を高めるー

新説1 火焔型土器は「火」と「わらび」の生命観を表した造形

 

火入れの後に発芽するワラビの群生は壮観である。火炎土器はこの様を写実的に表したものではないだろうか?火とワラビのつながりである。火炎土器は、ワラビの生命力への畏敬と再生を祈る縄文人の自然観や生命観という祈りを表しているというのが本旨である。

福島県立博物館所蔵の火炎土器の胴部には逆U字状隆線文に密生した写実的なワラビ芽の造形がみられる。曾利式土器の隆線文もわらびの芽ではないだろうか。口縁の 鶏冠状把手、 鋸歯状突起は炎を表現しているものであろう。頸部と胴部上半部にはS字状隆線文および渦巻状隆線文は、ほむら上部の空気の乱れや撹乱、陽炎のような現象を表しているのだろう。 新保・新崎式土器は半載竹管による半隆起線文によって描かれた文様を特徴としている。大木7b式土器は、頸部がくびれ、口縁部が外反する器形であり、口縁部には四つの把手が付き、波状口縁となる。 火炎土器は、胴部には半隆起線文を密に施すという技術は新保・新崎式土器や、器形と四つの把手を基準とした四単位の文様構成は大木式b式土器から影響を受けたと考えられる。

ワラビは山菜やわらび粉澱粉に利用され、山住みの生活には欠かせない。飛騨ではわらび粉採取により300日分のカロリーが摂取でき、主食の可能性がある。日本の農耕の起源であろう。

縄文人は、 火入れによる群生するわらびの発芽を見てその急激な初期生長ゆえ、火入れとわらびの発芽の因果関係から火への神秘性とワラビの生命力に畏敬の念を抱き、火による誕生と再生を実感し、生計維持のための山菜や澱粉に使われるに及んで生命を支えているという点で畏敬の念をいだき、これらが火炎土器の造形として縄文人の生命観を表現している。

 

 

新説2 わらび根堀りが日本の「農業の起源」

 

わらび粉が、縄文中期文化の主食であり、日本の農耕の起源を示す食料であるという研究をしているオーナーは実践する生態人類学者です。

八ヶ岳南麓井戸尻大遺跡群縄文中期には安定した華やかな文化が花開いていました。でも、主食の植物がなんであるかわかっていません。隣接の遺跡では^_^カリント状炭化物という遺物が出土しています。わらびの地下茎です。私が同定しました。パン状炭化物という遺物も出土しています。科学的分析は済んでいませんが、同じような形状をしたわらび餅の食べ方が日和田に残っています。餅なので主食という意味があると思っています。

また、日和田のわらび根採取では親子3人の75日の稼働で3人の300日分のカロリー摂取ができ、さらにわらびの地下茎が出土し、餅状の遺物が発見されてることと、土掘り具としての打製石斧の急増、農耕の起源の一類型である根茎類採取であり、その採取技術が農耕の原初的姿を示してることを考え合わせると、わらび粉は主食であり日本の農耕の起源であるという仮説に到達しました。文化の研究を実践を通して幅広く深めています。

 

『民具マンスリー』48(2) 2015 日本常民文化研究所 「わらびの地下茎採取活動からみた縄文中期農耕社会」.杉山是清

 

 

 

Merry`Xmas クリスマスメッセージ          ー 飛騨わらびー

http://cultured-nation.jp/category/hidawarabi/        飛騨わらび

フェルメールもダビンチも科学者であり芸術家でありました。あくなき自然観察から美を追求しました。オーナーは科学者と美の理解者の立場からわらびの文化と、美を探究し、 昨年、 わらび根採取からみた農耕の起源の論文を発表しました。また、これらの日々の活動を通して、社会の在り方の未来を見つめています。

飛騨わらびは 文化と美の深淵に臨んでいます。茶道や版画を始めとし、わらび縄が国立民族学博物館に収蔵されました。宮内庁の御用を賜るでしょう。飛騨わらびが京都国宝修理装璜師連盟の国宝修理の材として、また千家十職奥村家(表具師)とミシュラン3つ星の名店からご用命を賜わっています。赤坂虎屋さんが「飛騨わらび」の商品化を決定しました。

山村も都市もお互いがなければ成り立たちません。文化の多様性が科学技術の集積である都市を支えていくのです。 自然の探究から生まれた文化や美、科学の探究が新しい文明を生みだし支えていくでしょう。

ギャラリーモーツァルトと飛騨わらびを始めとする文化国家日本研究所は来年も頑張ります。ここにXmasをお祝いし、皆様のご多幸をお祈りします。、

トヨタ財団申請書類  「わらび粉等の産業化による山村という新しい価値が生み出す山村振興」

国土の70%は山間地である。この有効利用が日本の命運を左右する。対象地である岐阜県高山市高根町日和田地区は隔絶山村であり、人口は200人弱の限界集落である。古くからのわらび粉生産の伝統産業もすたれ、文化だけでなくコミュニティも衰退しつつある。

本事業は、過去において貴重な現金収入源であり、重要民俗であったわらび粉とわらび縄の復活を中心に、牧野という山地利用の一形態を追及し、そこに展開される文化の価値と生産の価値の両者を合わせ持った高収入源の特産品を、町民の所得向上と山村文化問題の解決をはかる目的で、都市が望む本物を生む山村という新しい価値を創出することにより、山村と都市の本物欠如の脆弱性の打破につなげ、山間地の有効利用の施策の策定を目的とする。

 

日和田地区は日本全国の山村と同様に人口減と高齢化によって限界集落になっている。産業は、土地が狭小であり標高1300m前後で稲作は困難である。そのため、収入源は限られ、畑作では狭小な土地で飛騨ホウレンソウ、高根コーンの高冷地野菜と稗や火畑蕎麦などの雑穀を生産している。その中にあって、日和田地区では1000年の歴史ある放牧地で展開されていた日本の農耕の起源を示唆するわらび粉生産が細々と継承されている。わらび粉は昭和時代は高価に取り引きされてきたが今はすたれてしまい、復活を試みているところである。わらび粉生産を高冷地野菜栽培とともに主産業にするもくろみである。一般には本物のわらび粉生産がなくなり、純粋なわらび粉が使用されていない、まがい物が広くでまわり、わらび粉を使用した食文化が失われている。そのような中で一部の高級料理店や和菓子店では本物のわらび粉を使用した料理などが提供され食文化の復活が図られてきている。食材としての本物のわらび粉が求められているが、提供できる生産者は極めて少ない。飛騨のわらび粉は本物生産をめざして、伝統的な本物のわらび粉の生産の文化(技法や工程、栽培方法)を復活し、安定供給をはかる。

また、古くから御所や二条城、修学院離宮の垣縄として利用されてきたわらび縄は、全国の山村で生産されていたがすたれ、文化財の修復に困難をきたしている。わらび縄の供給を増やさなければならない。わらび縄の製縄術は日和田が日本最後の伝承地である。これを継承し、利用を促進することにより収益となる。また、わらび糊にも利用され国宝の古い日本画の修復などにも使われる。国の宝である文化財保護につながり町民の誇りとなり、山村の山地の有効利用につなげ全国の山村振興を促進する。

 

山村の荒廃は文明の危機である。文明の興亡は山利用とのバランスにかかっている。その復活は、わらび粉にみられるように、文化の探究から生み出される本物の価値を広く普及させることであり、学問の社会化と新しい価値を生み出すことにある。山村と都市の結びつきのなかで、本物の価値欠如による脆弱性を打破し、文化の探求による、本物の産出という山村の新しい価値を生み出すことは、両者の相互依存を密にし、そのことは、 脆弱な、都市文明と山村になっていくなかにあって、山村と都市の両者を同時に成り立たせる方策となる。本物の価値の追求は山村と都市の重大課題である。このままでは山村が見捨てられ都市も衰退する。学問による文化の多様性の追求が山村という新しい価値を生みだし、それが、都市を支え文明を生み育てるという観点に立ち、文明の難題を解決する。

 

文化国家日本研究所、

山村振興研究所、

飛騨わらび      杉山是清

 

飴色の本物わらび餅 -「飛騨わらび」100%-

「飛騨わらび」のわらび粉を100%使った本物のわらび餅を味わうことができま

本物は【飴色】をしています。

貴重な日本蜜蜂の蜂蜜をつけていただきます。
「望嶽の菴」https://bogakunoiori.shopinfo.jp/